HOW TO BUY家を買う

中古住宅・リフォームよくある質問

中古物件の購入について

新築を買うか、中古住宅を買ってリフォームするか迷っているのですが、中古住宅のメリットはなんですか?
中古住宅のメリットは、築年数に伴う減価償却がされており、価格が低くなることですが、考え方としては、立地が良ければ、土地の資産価値が下がりづらいという点です。 中古住宅を購入して、将来に売却をする際に、値崩れが少ないという点が挙げられます。
中古物件の良し悪しの判断基準がわかりません。
相場よりも高い物件かどうかではないでしょうか。住宅の価値観は人それぞれに異なりますが、相場より高い物件は買いたくないものですよね。将来売却する時にも値崩れが生じます。なので、相場より高くない物件を買うことですが、それを判断できるのは、やはり不動産業社となりますので、ご相談が必要です。
築年数がどれくらいの物件を選んだらよいのでしょうか?
一つ基準となるのが、昭和56年6月以降の建築確認を受けている住宅です。 昭和56年6月からは新耐震基準となる為、「耐震基準適合証明」が発行される可能性が高まります。その場合には、「住宅ローン減税」や「登録免許税」等の優遇が受けられるという特典があるので、一つの判断基準になります。
中古住宅は、室内のエアコンや照明などはついたままになっているのですか?
物件により異なりますので、仲介業者への確認が必要です。
買いたい物件が居住中だった場合、見学に行っても家具があったりして広さや間取りのイメージがしづらいと思うのですが、どうなのでしょうか?
居住しながら売却をしている売主さんが、意外と多くいらっしゃいます。 確かに家具等が入っておりますが、家具の配置がある方が、間取りの使い方や広さの把握はしやすいものです。 それに、売っている方と話せるチャンスもありますから、 まずは見てみましょう!
購入を決めたら、入居するまでにどれくらいかかりますか?
住宅ローンの手続きがあれば、およそ1ヶ月くらいですが、売主さんが居住している物件の場合や、リフォームの規模によって異なります。
安く買っても、中古だから結局メンテナンスの頻度が多くなってコストがかかるのでは?
入居前に必要なリフォームをしておけば、しばらくは大きな修繕はないと思います。 新築を購入してもいずれ、リフォームは必要ですから、トータル資金で行けば、一般的には中古住宅の方が安くなります。
いずれ売却することを視野に入れているのですが、買う時に気をつけるポイントはありますか?
新耐震の住宅であり、資産価値が下がりづらい物件を購入しておくことをおすすめ致します。
購入後に欠陥が見つかった場合、売主に補修費などを請求することはできますか?
個人売主の場合は、保証が無い場合もあります。宅建業者が売主であれば、引渡しから2年間は瑕疵担保保証が付いています。 また、個人間売買でも瑕疵保険制度ができましたので、安心して中古住宅を購入できる環境が整ってきています。
中古住宅を買う人は多いのでしょうか?
当社では、年間にして新築の受注は7棟ほどですが、中古住宅の売買仲介件数は、およそ80件となります。
資産価値が下がりづらいとはどういうことですか?
購入時の価格と、売却時の価格差が少ないということです。立地を重視した中古住宅を購入した場合の特性です。
売主に耐震リフォームをしてもらってから購入したいのですが…
まずは、耐震性のチェックを行い、その上で新耐震に適合していない場合には、耐震改修工事費分を値引きしてもらう等の交渉を行います。
内装のリフォームは売主と買主どちらがするのですか?
こちらはケースバイケースなので、希望があればご相談ください。

新型コロナウィルス感染防止対策

~ 弊社の取り組み ~

  1. 出社時に社員全員の検温並びに健康のチェック
  2. マスク着用・手洗い・手指の消毒の徹底
    (営業社員へはアルコール消毒液の携帯)
  3. 接客スペース・オフィスのデスクへの間仕切り設置で
    ソーシャルディスタンスの確保
  4. 定期的な室内の換気(1時間に2回程度)
  5. ドアノブやスイッチ等教養設備のアルコール消毒の実施

CONTACTお問い合わせ

どんなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム
  • 札幌本店
  • 北広島店・恵庭店